raisu1.jpg
あの人気モデルも推薦!『ライスフォース トライアルキット』

耳ツボマッサージで自然な二重まぶたを手に入れる

耳には二重まぶたにすることのできるツボがあるそうです。

そのツボをマッサージすることで

自然な二重まぶたを手に入れることができちゃうらしいのですが

本当でしょうか?

しかし、遣ってみる価値はあると思うのでその遣り方を

ご紹介します。


・耳ツボマッサージのやり方

1:ツボを確認します。
  ツボは耳たぶの中心から少し下の部分にあります。

2:ツボを親指と人差指ではさむように押さえます。

3:そのままマッサージを行います。
  マッサージをするときは「少し痛い」と感じるくらいの強さで行うと良いですよ。

4:3分間マッサージを行います。

5:反対側の耳も同じようにマッサージしてください。


これで終わりです。


このツボマッサージを行うことで首から上の血行が良くなり、

溜まった老廃物がスムーズに排出されるようになります。

そうすることで代謝がアップしてまぶたの上についた

脂肪を燃焼させることができます。

まぶたの上の脂肪がなくなれば一重まぶたのあなたも

ぱっちりとした二重まぶたになることができますよ。

「耳をマッサージするだけで二重まぶたになれるなんてすごい!」

そうですね!

でも、耳ツボマッサージの効果はそれだけではありません。


・肩こり解消

・目の疲労解消


このような効果もあるので、一重まぶたに悩んでいる方

だけでなく肩こりに悩んでいる方にもとてもオススメです。





posted by yoshi at 09:33 | 大阪 | Comment(0) | 二重まぶた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パニック障害の様々な原因

パニック発作はパニック障害の症状で、突然起きて、短時間で治ります。

「すぐ治るなら大丈夫じゃないの?」

確かに、苦しくて救急車を呼んだものの到着したときには治っていた、

というケースもよくあります。

しかし、パニック発作は短時間でもとても

苦しく、いつどこで起きるかもわかりません。

眠っているときに起きる可能性もあります。

これではゆっくり体を休めることもできません。

どうしてこのようなパニック障害になってしまうのでしょうか?



パニック障害の原因

パニック障害の原因は、脳の中の神経伝達機能に何らかの

異常が生じて起きるということしかわかっておらず、

はっきりとした原因は不明です。

ただ、「これが原因なのではないか」という説が

3つあるのでそれをご紹介したいと思います。


・ノルアドレナリン説

脳の中には身に危険が迫ったときにサインを出す青班核と

いう部分があります。

青班核が「危険だ!」というサインを出すときに出る物質が

ノルアドレナリンです。

この青班核が誤作動を起こし、危険が迫っているわけでもないのに

サインを出しノルアドレナリンを大量に放出することで

パニック障害が起こると考えられているのがノルアドレナリン説です。



・セロトニン説

脳はストレスを感じるとノルアドレナリンという物質を分泌します。

これが不安や恐怖を感じる原因です。

セロトニンはこのノルアドレナリンのはたらきを抑える効果があります。

なので、何らかの理由で脳にセロトニンが不足することでパニック障害が

起こると考えられているのがセロトニン説です。




・ギャバ・ベンゾジアゼビン説

不安を抑える効果のあるギャバのレセプターと繋がっている

ベンゾジアゼビンのレセプターが過敏になってパニック障害が

起こると考えられているのがギャバ・ベンゾジアゼビン説です。


パニック障害はこのように未だに色々な説があり原因が

はっきりとしていない上に、症状も苦しいものばかりですから

「治らないのではないか」

と不安に思ってしまうかもしれません。

でも、パニック障害は適切な治療さえすれば治る病気です。

不安に思いすぎても症状が悪化するばかりです。

深呼吸をして、落ち着いた気持ちでゆっくりと治していきましょう。



posted by yoshi at 17:36 | 大阪 ☁ | Comment(0) | パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔矯正と小顔マッサージで小顔効果覿面!

顔が大きく見える原因は、様々あります。

脂肪がついている、むくんでいる、エラが張っている、

骨格が歪んでいるなどの原因があります。

顔は、体の筋肉と同じで、疲れがたまると凝ってこわばってきます。

老廃物も流れにくくなり、そのまま放っておくと、

日々のむくみが定着して顔太りしてしまいます。

原因によって、改善方法もさまざまですが、

顔の骨格が歪んでいて顔が大きく見える場合には、小顔矯正が有効的です。

また、顔へマッサージをすることにより、

むくみがとれてフェイスラインがすっきりし小顔になれるのです。

また、小顔効果だけでなく、目尻や口角を上げる効果もあります。

今回は、小顔矯正と、自分でできる小顔マッサージをお伝えします。

まず、小顔矯正には小顔効果はもちろんのこと、ピカピカの肌、

顔のむくみ解消、くっきりとバランスのいい顔立ちなどを実現します。

メスや麻酔は一切使わず、安全でまったく痛みのない即効性と

持続性に優れた施術といわれています。

施術後は整形手術とは違い、クールダウンタイムがないので

すぐにメイクでき、すぐに仕事にも行くことができます。

では、なぜ矯正で小顔を作ることができるのでしょうか。

それは、まず頭蓋骨は23枚の骨でできています。

そのつなぎ目であるほうごう線が年齢とともに開いてきます。

それが大顔やしわの原因になります。

小顔矯正施術は骨に働きかけて、ほうごう線を詰めるだけでなく、

主にエラの骨や頬骨に優しく力を加え内側に入れていきます。

いくらダイエットをしても骨格が変わらなければ小顔にも限界があります。

その限界をなくして理想の輪郭を手に入れることができます。

またほうごう線が開いたせいでリンパや血管を圧迫していた骨を

あるべき位置に戻すことにより、リンパの流れや血流がよくなり、

むくみが取れ顔色がよくなります。

基本的には、小顔矯正は整体院で施術できます。

しっかりとしたカウンセリングをしてくれる整体院を選ぶのが良いでしょう。

また、インターネットの口コミで探すのも良いです。

次に、自分でできる小顔マッサージです。

まず、フェイスマッサージの前にまずはマッサージクリームやオイルを

手で温めてから顔全体と首に塗り、首のリンパマッサージを行ないます。

両手を首の後ろで組み、両手を首筋にそってなで下ろします。

次に、凝りをほぐすように、ある程度指先に力を入れて5〜10回繰り返します。

次に、耳の下の耳下腺を両手の中指で軽く押します。

次に、指全体を使って、耳下腺から鎖骨へと、首の両側を上から下へ軽くさすります。

次に、鎖骨に親指以外の4本指を入れて、真ん中から外へ、肩先に向かってマッサージします。

次に、鎖骨から腋の下のリンパ節へ軽くマッサージして、最後に腋の下を軽く押さえます。


これをやることにより、リンパ液の流れがスムーズになり、

老廃物を排出しやすい状態になりますので、マッサージ前に必ず行いましょう。


次にフェイスマッサージのやり方です。

まず人差し指、中指、薬指の3本の腹で額の中央を強めに押し、

そのままこめかみまで、左右に少しずつ間隔をあけながら押します。

最後のこめかみ部分はやや弱めに押して下さい。

これを3〜4回繰り返します。次に、中指と薬指で

アゴの下から口角の真横、鼻の下、口角の真横、アゴの下と、強めに押します。

これを3〜4回繰り返します。次に、小鼻の横の溝に中指

の腹を押し当て、溝に沿って15〜17往復、ゆっくりとなでます。


次に人差し指、中指、薬指でアゴをはさんで、耳の下まで引き上げます。

薬指を意識して、肘を上げて行ないましょう。左右交互に3〜4回繰り返します。

目の回りは、中指の腹で目尻から順に、ソフトに撫でます。

次に中指と薬指の腹を使って、眉間の上を軽く押し、

そのまま指をこめかみに移動させます。

次に、こめかみを軽く押さえ、指を耳の前まですべらせ、圧力をかけます。

次にフェイスラインに沿って耳下腺まで指をすべらせます。

この一連の流れを3〜4回繰り返します。

次に人差し指、中指、薬指の腹で押しながら、

目の下からこめかみ、頬の外側を通ってアゴ先へと指をすべらせます。

次にアゴ先から目の下に向かって、筋肉を強く持ち上げます。

この一連の流れを3〜4回繰り返します。

最後に次に3本指の腹を使って、鼻の脇からこめかみに

向かって、頬を吊り上げるように指をすべらせます。

これも3〜4回繰り返します。

実際にこのマッサージを一通りやると、5分程度でできます。

毎日継続して、小顔を目指しましょう!


又、前回にも掲載しましたが、小顔になる方法を纏めたサイトをご紹介します。


整形不要!骨格の大きい人でも小顔になれる方法










posted by yoshi at 22:41 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 小顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

様々な小顔になる方法とは

顔は大きいよりも、小さい方を憧れるのが現状ですよね。

顔の大きさがコンプレックスで悩んでいる人は、たくさんいます。

そもそもなぜ顔は大きく見えるのでしょうか。

顔が大きく見えるのにもいくつかの原因があります。

まずは、エラです。エラが貼っていると顔が大きく見えてしまいます。

エラは骨格の問題なので、エクササイズや

マッサージではエラは小さくなりません。

顔の骨がズレてしまっている可能性もあるので、

整体で骨を整えてもらうのも良いかも知れませんね。

また、むくみで顔が大きく見える事もあります。

元々体質がむくみやすい人もいれば、お酒の飲みすぎ、

夜更かしのしすぎで、むくむ場合もあります。

むくみで顔が大きく見える場合は、リンパマッサージなどをして、

リンパの流れを良くしてむくみを解消することも出来ます。

さらに、脂肪で顔が大きく見える事もあります。

頬や顎に脂肪がついてしまっている場合は、

ダイエットをして脂肪を落とすのはもちろん、

小顔エクササイズや、小顔体操を行うのが良いでしょう。

また、ボトックス注射を打って、表情筋の動きをおさえて

小顔にする方法もありますし、メイクや髪形で小顔に見せる方法もあります。

市販でも、小顔にするためのグッズは数多くあります。

中でも、ローラーやマスク、クリーム、マウスピースなどが人気のようです。

では、それらは一体どのようなモノでどのような効果があるのか調べてみました。


まずは、小顔ローラー

顔を小顔にする方法の中に、小顔ローラーというのがあります。

その小顔ローラーを使う際には注意点があります。

それは、強く転がさないと言うことです。

小顔ローラーを強く転がすことで、肌が赤くなり、最終的には、

あらゆる肌トラブルの原因になります。

小顔ローラーは優しく転がすことを遵守して使用して下さい。

小顔ローラーが有効な部位は、
おでこ、頬、フェイスライン、目の周り、アゴ、首すじです。

おでこは、Tゾーンに小顔ローラーを上下に、優しく転がします。

頬は、口元から頬周りに向かって上下に、優しく転がします。

フェイスラインは、アゴ先から輪郭に沿わして、上下に優しく転がします。

目の周りは、アイホールを円を描くようにして、優しく転がします。

目の周りは、特に敏感ですので、できるだけ優しく転がすようにしましょう。

最後にアゴは、首からアゴに向かって上下に、優しく転がします。

このように、基本的にはどの部位にも、小顔ローラーは使用できます。

ちなみに、小顔ローラーを上に転がす時は、

少し強度をつけて、たるみを持ち上げるイメージが最適です。

小顔ローラーは、使い方を間違わなければ、表情筋を活性化し、

血行を促進する効果があります。

小顔ローラーは部屋でテレビを見ながら使用できるのはもちろん、

浴槽でも使用することもできます。

血行が良くなる浴槽での使用が一番お勧めです。

半身浴とプラスして使用することでより高い効果が得られるでしょう。

さらに、表情筋を鍛えるためのエクササイズも行うことで

フェイスラインがすっきりするのでエクササイズを行うこともお勧めです。

DVDを見ながら小顔エクササイズができるものもあり、

実際にプロの動画を見て、マネしながらできるので、

こういったエクササイズDVDも人気のようです。

次に、プチ整形でよく知られているボトックス。

ボトックスはメスを使わない治療法です。

治療したい箇所に注射をするだけなので、

施術時間が短いことが人気の一つのようです。

効果は、一般的には、シワを治療する方法で知られていますが、

その他にも、エラの突出を目立たなくする効果や、

眼瞼けいれんの治療や、多汗症の治療、脳性麻痺の

歩行障害などの治療にも使用されています。

また、効果は個人差にもよりますが、

だいたい3カ月〜6ヶ月程効果を維持できるそうです。

また、プチ整形ときくと失敗や副作用の怖さがありますが、

ボトックスは医療ミスのような失敗というよりも、

自分が思っていたのと違うと思う事で失敗だと感じる事があるそうです。

特に、シワにボトックスを打った人は、笑顔や表情が変わってしまった。

きつい表情になってしまったなどがあるそうです。

エラに打つ分には、特にそういった問題もないですが、

効果がなかったなどは、クリニックの問題や自分の体質の問題ですから、

クリニック選びと、カウンセリングはきちんと行うようにしましょう。

また、顔が大きく悩んでいる人で、エラの骨格が悪いと思っていて

整体に通っていたが、一向に小顔にならないので、

思い切ってボトックスをしたところ、1か月後には驚く程顔が小さくなった。

という事例もあったそうです。

自分の悩みに合った方法で、憧れの小顔を目指しましょう!


その他、小顔になる方法について纏めたサイトがありますので

ご紹介します。

整形不要!骨格の大きい人でも小顔になれる方法






posted by yoshi at 14:16 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 小顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二重まぶたにする、2つの整形手術方法

一重まぶたは腫れぼったいし、目つきが悪いから二重にしたいと

思う女性たちが考えるのが、美容整形です。

最近では、二重まぶたにするさまざまな方法がありますが、

ここでは、代表的な2つの方法をご紹介します。


■メスを使わないプチ整形「埋没法」

まぶたの裏から糸を使って二重ラインを作り、

数か所を縫い留めることで二重まぶたを作る方法です。

最新の技術では、まぶた裏の赤い粘膜に糸を通さず、

生まれつきの二重の人と同じように、

まぶたを開閉させる筋肉と皮膚だけを糸で結ぶ方法も出てきており、

血管を傷つけるリスクが格段に減っています。

メスを使わず、施術自体も10分ほどで完了する、非常に手軽な方法です。

ただし、糸が切れる可能性があることと、

あまりに脂肪が乗りすぎたまぶたには効果が弱いことから、

腫れぼったい一重の人には向いていない可能性があります。



■半永久的な二重を作る「切開法」

二重にしたいラインに沿って切開し、

不要な脂肪を除去しながら二重を作る、オーソドックスな手術です。

除去する脂肪の量によって、部分切開と全切開を選択します。

埋没法では十分な仕上がりが期待できない場合、

もしくは埋没法でできた二重のラインを気に入り、

永久的にしたい場合などに、おこなう人が多いようです。

基本的に元に戻ることはないため、ずっと二重でいられる点がメリットですが、

逆にいうとやり直しが難しいので、慎重に仕上がりを検討する必要があります。

また切開するだけに、術後は多少のダウンタイムが発生するでしょう。

いずれの手術も、安全性はかなり高くなっていますが、

手術を受ける際は、信頼できる腕の良いクリニックで、

じっくりカウンセリングを受けることが大切です。

アフターケアや、万一の失敗時の保障についても確認しておきましょう。


とは言っても、整形に抵抗がある方もおられると思います。

そこで、整形無しで二重にする方法もありますので

知りたい方は、コチラ

100%失敗しない簡単に二重まぶたを定着させる方法



posted by yoshi at 11:10 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする