アスペルガー症候群の特徴と改善方法とは

今回書かせていただく内容は、私自身仕事上でかかわることのある

アスペルガー症候群について調べたのでご興味ある人は、お読みください。


アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群は、広い意味での「自閉症」のひとつで、

何故アスペルガーと言うとオーストリアの小児科医である

ハンス・アスペルガーが、最初に症例を報告したことから

名前をとってつけられました。

アスペルガー症候群は、自閉症の3つの特徴のうち

「パターン化した興味や活動」「対人関係の障害」という2つの障害を有し

コミュニケーションの目立った障害がありません。

言葉の発達遅れがないというのが自閉症とは違い、知的発達に遅れの

ある人は殆どいません。


アスペルガー症候群の特徴とは

アスペルガー症候群を発症している方々には以下の様な特徴があります。

・表情や身振り、声の抑揚や姿勢などが独特です。

・親しい友人関係が築けない

・慣習的な暗黙のルールが分からない

・会話での皮肉や冗談が分からない

・興味の対象が独特である

他にもありますが、以上の様な特徴が見受けられます。


幼児期のアスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群の子供達は、言語や知能の発達が遅れていないため、

幼児期に気づかれることが余りありませんでしたが、

近年では幼児期にみられる特徴が少しずつ分かってきました。

その特徴とは、

・一人遊びを好む

・他の子供どうしでごっこ遊びが出来ない

・同じ遊びを繰り返す傾向が強い

・行動がパターン化し融通が利かない

以上のような特徴がみられ、保育園や幼稚園では、

・他の子供にあまり関心がない

・集団で遊ばない

このような特徴がありますので家庭や地域と連携し早期発見を行い、

その子供にあった支援を専門家に相談することが必要です。

では、アスペルガー症候群を改善し治すことが出来るのでしょうか?

実は、アスペルガー症候群が改善したという教材があります。

それは、コチラです。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)

アクセスして頂ければお分かりになると思いますが、

どの様にアスペルガー症候群を改善させていくかと言うと

このマニュアルでは多くのアスペルガーや発達障害の症状でお悩みだった方の、

その症状を引き起こしている原因とその理由が説明されています。

それは共感能力を麻痺させ、人とのコミュニケーションを阻害している物などです。

それらを排除していただきご自身やお子さんの調子を観察します。

それは主に食べ物であったり飲み物であったりもします。

ですから食事制限と脳の機能を上げていただくための作業をしていただくことになります。

その他にアスペルガー特有のこだわりの解除や対人コミュニケーションの方法などの

コーチング法も含まれています。

というような内容になっています。

興味ある方は、一度アクセスしてみて下さい。

アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル(自閉症スペクトラム障害ASD対応)




posted by yoshi at 12:13 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]